オーストラリア留学

2008年07月02日

留学先のホストファミリーとうまく付き合うには!?

オーストラリア留学 ホームステイする人はお客?家族か?

ホストファミリーとうまくやっていくには、まず相手の立場になって行動することですわーい(嬉しい顔)

これは、日本にいても同じことが言えますよね。

そして、自分の意見をハッキリと伝えることです。

ホームステイはお金ふくろを払って同居するけれど、お客さんという立場ではないのです。

持ちつ持たれつと言ったところでしょうね。
ですので、自分の息子・娘同様に接してくれる場合もあるし、手伝いを頼まれたりします。

また、完全な家族という訳ではないので、自分のことは自分で責任を取るのは当然で一切の甘えはきかないですよexclamation

居候させてもらってると考えて、守るべきルールはきちんと守りましょう!

ただ、何か尋ねられた時には、あいまいに答えずハッキリと「イエス・ノー」を表明し、自分の意見や主張をしたほうが良いです。

相手との対立を避けたいばかりに曖昧にしておくと、後々大きなトラブルに発展することもありますので。

日本人と違って、海外の人は自分の意見をきっちり持っているのです。

例え英語がわからなくてもわからない時は、わからないでもOKなので、自分の意見をハッキリ持ちましょう。

日本人がよく使うといわれている、「多分(May be・・・)」は、基本的に嫌がられますよ。

私も、ホストマザーに一度、指摘された経験があります。

それでは、ホストファミリーとうまく付き合うコツ!?を書いていきますね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102001760

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。