オーストラリア留学

2008年07月11日

オーストラリア留学 ホストファミリーと上手く付き合うには? Part2

1、ホストファミリーとのコミュニケーションは重要です。
 
 学校ビルの行事や、遊びなどで帰宅時間が遅くなったり、もちろん外泊する時は必ず連絡を入れるか事前にホストファミリーに伝えておきましょう。。。(日本にいる時同様にね)

 そして、夕食レストランがいらない場合などもその旨を必ず連絡しましょう。
 
 お金ふくろ 払っているからと言って、おろそかにしないことです。
 
 ホストファミリーもあなたの食事を作ってくれているのです
 から!!
 
 そして、出かける時や、いつもと違う行動をする時は、その時の予定とおおよその帰宅時間を伝えて出かけておくといいですよ。


2、お風呂には気をつけよう!!

 オーストラリアの干ばつは、最近よくニュースでも目にすると思います。

 欧米でもそうですが、基本的にバスタブにあまりお湯を張りません。
 
 私のホームステイ先でも、もちろんバスタブはありましたが、約1年のホームステイ生活の中でお湯を張ったこと経験は一度もないです。

 ですので、なみなみとお湯を張って長時間入っていると、水を使いすぎると言われることがあります。

 私は、なるべく早くシャワーから出ようと心掛けていたのですが、それでも一度、注意されました。

なんてったって、ホームステイ先の規約(約束事)の1つに、シャワーは3分以内と書かれていましたから・・・。(私には、どう頑張っても無理でしたけど。)

でも、水が貴重な地域ではシャワーも節水する事が必要なのですね。

日本の湯船のお湯張りなんてとっても贅沢なんですよね、実は・・・。

また、夜遅くシャワーを使うと音が出たりして迷惑になるので、これは最低限のマナーとしてさけましょう!!
この記事へのコメント
私は『オーストラリア留学の窓』のサイト管理者です。これから留学を考えている人達に役立てていただく為のサイトを立ち上げました。私自身のオーストラリア滞在経験からブログを通して生の声を聞きたいと思いました。私の趣旨に賛同して戴くようでしたら。登録頂けないでしょうか?登録サイト http://www.australia.msn.to/プライベートhttp://www.ethnic-universe.com  よろしくお願い致します。
Posted by ethnic universe at 2008年07月19日 15:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

神式の進行手順
Excerpt: 神式では葬儀のことを、 「神葬祭」「神道葬祭」「神葬」と呼ぶことがあります。 神式は教導者によって 葬儀の内容も違っていますが、 式の進行は、一般的に 「手水の儀」「お祓い」「奉幣・献餞」「祭詞奏上..
Weblog: 香典の金額、香典のマナー
Tracked: 2008-07-15 02:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。